Mailchimpメールチンプの主な機能

  • HOME
  • Mailchimpメールチンプの主な機能

Mailchimpメールチンプの主な機能

MailChimpメールチンプの主な機能は次のとおりです。

顧客管理(CRM)

オーディエンスダッシュボードで顧客情報の一元管理ができ、セグメント、タグ、グループで顧客リストを整理します。プロファイルを使用し、行動パターンやエンゲージメントを理解し、購入に繋がったアクションを確認することができます。またメモを残すこともできます。

サインアップフォーム(顧客登録フォーム)

リード獲得のための登録フォームを無制限に作成できます。ビジネスのニーズに合った登録フォームを作成し、webサイトに埋め込む、ポップアップを表示させる、リンクを設置する、ランディングページに設置するなど多くのリード獲得に活用します。

セグメンテーション

顧客情報をセグメント化し適切な人に適切なメッセージを届けます。セグメント化されたキャンペーンは開封率、クリック率を高めることができます。

平均して、セグメント化された電子メールマーケティングキャンペーンは、セグメント化されていないキャンペーンよりも23%高いオープン率と49%高いクリック率をもたらします。
Mailchimp公式サイトより(https://mailchimp.com/features/segmentation/)

コンテンツ作成

テンプレートを使って簡単にHTMLメールコンテンツやランディングページの作成が制限なく作ることができます。

キャンペーン送信

即時配信も予約送信も可能で、件名や送信するアドレスを設定することも可能です。また一斉送信であっても顧客の名前や会社名をそれぞれ表示させるマージタグを使用すると個別送信のように届けることだできます。
セグメントを指定して配信先をターゲットすることも可能です。

オートメーション(ステップメール)

オートメーションを使用して顧客のアクションに基づく自動配信が可能です。行動例としてメールを開封した、未開封だった、クリックがあった、資料請求から1日後にvol1、2日後にvol2、3日後にvol3というようないくつかのステップ配信が可能です。

アプリ連携

アプリと連携することでより多くのことが可能になります。接続アプリ例)WordPress、WooCommerce、Stripe、facebook、Twitter、Instagram、LinkedIn ・・etc