メールチンプの使い方「セグメント、タグ、グループの違いとは」

セグメント、タグ、グループはコンタクトを分類する方法です。分類することで、ターゲットを絞ったキャンペーンを送信することができます。
ターゲティングされたアプローチは一斉送信に比べて、開封率、クリック率、コンバージョン率が高くなります。セグメント、タグ、グループを活用して適切な人に適切なメッセージを届けることができます。

メールチンプのグループとは

グループはサインアップフォーム内に分類する項目を設置し、コンタクトが自分で分類項目を選択するものです。

例えば、サインアップフォームでコンタクトが希望する返答を3つの選択肢を用意します。資料請求、オンラインミーティング、電話の3つです。

コンタクトが選択したグループで分類することができ、グループ別にキャンペーンを送信することができます。

メールチンプのタグとは

タグは内部でコンタクトを分類する際に使用します。タグに基づいてターゲティングキャンペーンを送信することができます。
タグは複数付与することができます。

タグの追加は、手動で追加したり、ランディングページなどのサインアップに基づいて追加したり、自動化のアクションに基づいて追加したりします。

例えば下記のようなタグを使用します。

・既存顧客
・新規
・見込み客
・〇〇商品購入者
・〇〇プラン加入者
・ランディングページ
・参加イベント
・セミナー
・アクティブ
・非アクティブ

など

メールチンプのセグメントとは

セグメントは、タグやグループと異なり、データを追加するのではなく即にあるデータを使用してコンタクトを分類します。セグメントはオーディエンスデータのフィルターになります。

フィルターは最大5つの条件を使用することができます。
これらの5つの条件はさまざまな条件で組み合わせが可能です。

・マージフィールド
・タグ
・グループ
・キャンペーンの開封
・キャンペーンの未開封
・キャンペーンのクリック
・購入した商品
・特定の期間内にサインアップしたコンタクト

など

コンタクトのアクションデータに基づいて、細かくフィルタリングされたターゲティングキャンペーンを送信することができます。


メールチンプに関してもっと知りたいですか?
メールチンプを活用してビジネスをサポートしているメールマーケティング専門家と1対1のオンライン相談を下記より予約することができます。

メールチンプの全ての概要
キャンペーン送信
コンテンツ作成
自動化設定
メールマーケティング戦略
フォーム活用
リストの分類方法

など

通常、5,000円/60分オンライン相談
初回5,000円 無料

※オンライン相談は(zoom)を使用します。
※オンライン相談は1対1対応となります。

 

関連記事一覧