Mailchimpメールチンプの使い方「セグメントの組み合わせ」

Mailchimpメールチンプでは多数のセグメントオプションがあるので、様々な条件を組み合わせたターゲティングが可能です。

セグメントの組み合わせ例を紹介します。

  • 自動化活動の例
    完了した自動化ワークフローの条件とウェビナー参加希望にグループ追加条件を組み合わせて、ワークフロー完了後にウェビナー参加コンタクトのセグメントを作成します。
  • プロファイルの更新例
    登録されて6ヵ月以上で評価の低いコンタクトを抽出するためのセグメント作成。最初の条件は追加日を指定します。そして2つ目の条件をコンタクト評価星3つ未満を設定します。
  • ドメインを指定したセグメント例
    @〇〇.com指定したドメインのもつコンタクトだけをセグメントします。
  • キャンペーン活動の例
    メールを開封したコンタクトのみセグメントします。または未開封など
  • Eコマースの活動例
    購入した日、購入した金額、購入した商品等でセグメント作成します。

セグメントの組み合わせは最大5つまでとなります。

メルマガ代行なら「merumaga.jp」

関連記事一覧