メールチンプのタグの使い方3つ紹介

タグはコンタクトをさまざまな属性で分類し、整理したり、ターゲティングメールを送信したりします。

 

メールチンプのタグの使い方3つ紹介

①ランディングページのタグ付け

メールチンプでランディングページを作成し、ランディングページにサインアップしたコンタクトにタグを付けて分類する使い方です。

ランディングページを作成し、webへ公開設定をします。

ランディングページのアイコンやURLを設定後、タグを設定します。ランディングページを通してフォームにサインアップすると、タグを付けることができます。

②タグ指定のターゲティングメールを送信

キャンペーン作成でタグを指定します。

Segment or Tagのプルダウンでタグを選択して、タグ付けされたコンタクトだけにメールを送信します。

③開始点をタグ付けにしたカスタマジャーニー作成

カスタマジャーニー作成の開始点を「タグ付けされた」にします。

指定のタグ付けを開始点にし、続きにジャーニーポイントを追加してカスタマジャーニーマップを作成することができます。

さまざまな内容でコンタクトにタグを追加、削除してマーケティング活動とコンタクトの関わりをタグを管理することで適切なアプローチにつながります。

関連記事一覧