クリックに応じた適切なアプローチをするメールチンプの使い方

キャンペーン内に複数のコンテンツを訴求したとします。例としてAプランBプランがあったとして、キャンペーン配信後にレポートを確認し、Aプランをクリックしたのは誰か、Bプランをクリックしたのは誰か、分析します。次にAプランをクリックした顧客だけにAプランのシナリオメールを配信し、同じくBプランをクリックした顧客にはBプランのシナリオメールを配信するといったように顧客のクリックに応じた適切なアプローチ方法をご説明します。

クリック分析に応じたアプローチ方法

キャンペーンのコンテンツ内に複数のリンクを設置します。

配信後、クリック分析します。
Aのリンクのクリック数とクリックした顧客を確認することができます。

次にAのリンクをクリックした顧客だけを抽出し、キャンペーンを作成します。

Aのリンクをクリックした顧客だけにアプローチすることができます。


メールチンプのことならお任せ!
メールチンプ日本ユーザーをサポート致します。
お気軽にお問い合わせください。

関連記事一覧