月額25,000円からのメールマーケティングおまかせパッケージサービス

【2024年最新】メールマーケティング用語集

2024年に知っておくべきメールマーケティングの用語集

メールマーケティングでよく使われる専門用語を理解できるようにメールマーケティング用語集を作成しました。

キャンペーン

キャンペーンは、コンバージョンを目的としたメールです。商品の販売やサービスの申し込みなど、特定のマーケティング目標を達成するために設計されます。多くはメール内にCTAボタンが含まれます。

ニュースレター

ニュースレターは、情報発信を目的とした定期的に送信するメールです。顧客と定期的にコミュニケーションをとるのに有効です。

メルマガ

メルマガは、メールマガジンの略で。ニュースレターやキャンペーンを問わず主に一斉送信するメールのことを言います。

オートメーション

オートメーションは、予め用意したコンテンツを顧客の行動に応じて自動送信するメールです。例えば、メルマガ登録後のサンキューメールなどが含まれます。ステップメールとも言います。

ステップメール

ステップメールは、オートメーション同様に予め用意したコンテンツを顧客の行動に応じてシナリオ通りに送信するメールです。例えば、資料請求から2日後にステップ2のメール送信、5日後にステップ3のメールを送信、7日後にステップ4のメールを送信するなど、また、メールの開封やクリックに応じて送信する内容を変更するといった一連の流れを自動化するものです。

開封率

メールを開いた人の割合です。メールマーケティングのパフォーマンスを分析する指標の1つです。

クリック率

クリック率は、CTRと略され、メール内のリンクをクリックした割合です。

コンバージョン率

コンバージョン率は、CVRと略され、特定のマーケティング目標を達成した割合です。商品の購入やサービスの申し込みが含まれます。商品を購入した数をメール送信数で割って計算します。

ソフトバウンス

ソフトバウンスは、一時的な問題により配信できなかったな場合を言います。受信者の受信箱がいっぱいで受信されなかった、受信者が通信の悪い場所にいた、メールのファイル容量が大きいなどの原因が考えられます。ハードバウンスと違って、一時的な問題なので時間を置いて再送を試します。

ハードバウンス

ハードバウンスは、無効なメールアドレスです。メールを送信できません。

スパム

スパムは、迷惑メールを意味します。送信したメールがスパムと判断された場合、迷惑フォルダに振り分けられ、メールが受信者に気づいてもらえないということになります。迷惑フォルダに振り分けられないようにドメイン認証などの対策を行いましょう。

CTA

CTAは、Call to Actionの略で行動を促すためのものです。詳細はこちら>>、ダウンロードはこちら、商品購入、申し込みはこちら>>のように分かりやすく顧客にアクションを促すものです。

メーリングリスト

メーリングリストは、キャンペーンを送信できる顧客または見込みリストです。通常、顧客管理(CRM)のプラットフォームで管理されています。

配信解除

配信解除は、Unsubscribe(アンサブスクライブ)と言い、受信者はいつでもメールの購読は解除することができます。また、送信者は簡単に解除できるようにメール内に配信解除リンクを設置しなければなりません。

htmlメール

HTMLメールは、通常のテキストメールではなく、画像やリンクなどで構成されたWEBサイトのようなデザインされたメールです。

セグメント

セグメントは、正式にはセグメンテーションと言い、メールマーケティングではリストのセグメント化と言い方をします。セグメント化は、業種、地域、家族構成、年収、役職などの属性や購入した商品や参加したセミナー、ダウンロードした資料などの行動に基づいてリストをグループ分けするものです。セグメント化することでよりターゲットを絞ったメッセージを配信できるため、開封率が高くなります。

オプトインとオプトアウト

オプトインとオプトアウトは、最新情報やニュースレターを受け取るまたは受け取らないを顧客に選択させるもので、オプトインは許可を意味します。オプトアウトは拒否を意味します。

パーソナライズ

パーソナライズは、顧客1人1人に合わせたメール配信を言います。またパーソナライズされたメールをパーソナライズメッセージと言い、顧客の名前や関連性のあるメッセージが含まれます。

リードナーチャリング

リードナーチャリングは、まだ興味関心の低い見込み客をいくつかの有益コンテンツを送信して、購入段階まで引き上げるための見込み客を育成する施策です。

サインアップフォーム

サインアップフォームは、顧客情報を収集するためのフォームです。名前、メールアドレスだけの簡単なフォームからアンケート形式の顧客のニーズを引き出す細かいものまで様々なフォームがあります。WEBサイトにフォームを埋め込んだり、ポップアップ、SNSなどを活用して収集します。

リード

リードは、マーケティング用語で潜在顧客/見込み客を意味します。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、リードを収集するために活用するインバウンドマーケティング戦略であり、有益コンテンツの提供と引き換えにリード情報を収集します。主に、資料や動画、セミナー/ウェビナー、クーポンなどがあります。

カスタマージャーニーマップ

カスタマージャーニーマップは、顧客が商品やサービスを購入するまでのプロセスを示す図です。顧客を理解するための鍵となり、顧客体験の質を改善するのに役立ちます。

スコアリング

メールマーケティングにおけるスコアリングは、メールの開封やクリックなどの顧客の行動を評価します。エンゲージメントが高いほどスコアは高くなります。評価はさまざまですが、例えばメールを開封したら5点、クリックしたら10点などの点数を付け、点数の高いリードは購入段階に近いと評価します。

A/Bテスト

ABテストは、Aのマーケティング施策とBのマーケティング施策があった場合に、ABテストを使用すると2 つの異なるバージョンのパフォーマンスをテストできます。例えば、どの時間帯にメールを配信すれば開封率が高いのかわからない場合に、ABテストで確かめることができます。

ペルソナ

ペルソナは、自社がターゲットにしているユーザー層、または自社の商品やサービスを必要としている潜在顧客層です。

 

関連記事一覧

コメント

この記事へのコメントはありません。