月額25,000円からのメールマーケティングおまかせパッケージサービス

メールマーケティングに関するよくある質問【2024年更新】

メールマーケティングは既存顧客と潜在顧客の両方とコミュニケーションとる最良の方法です。マーケティング担当者はメールを通じて顧客との関係性を構築しながらマーケティングアプローチを施策します。このブログではメールマーケティングに関する一般的な質問をまとめたものです。

2024年もメールマーケティングは効果的ですか?

はい、効果的です。ソーシャルメディアやその他、新しいデジタルチャネルが多く普及してきましたが、メールマーケティングは依然としてターゲットを絞った直接的なコミュニケーションを取る方法として効率的で費用対効果の高いマーケティング手法として現在を成果を上げています。

メールマーケティングにはどのような種類がありますか?

メルマガ登録後のウェルカムメールは登録を歓迎する最初のメールです。メールキャンペーンは商品の購入やサービスの申し込みを促すコンバージョンを目的としたセールスメッセージです。ニュースレターは顧客との関係性を維持または構築するための定期的にコミュニケーションを取る情報発信です。リマインドメールは予定や締切期限など大切なタスクを思い出させるための再確認メールです。イベントメールは顧客の誕生日を祝うバースデーメッセージやクリスマス、ハロウィン、ホリデーシーズンなどの季節のイベントを盛り上げるメールです。カゴ落ちフォローメールは商品がカートに入ったまま決済が完了していない放棄されたカートを顧客に知らせるメールです。その他、顧客を育成するリードナーチャリングメール、ドリップキャンペーン、シナリオメール、非アクティブなリストアクティブ化する再エンゲージメントメールなどあります。

メールマーケティングのメリットとデメリットは何ですか?

メールマーケティングの最大のメリットは費用対効果の高さです。平均してROI3,300%であり、少しの時間で多くの収益が得られることで他のデジタルチャネルに比べてコスパの良さが人気です。非常に費用対効果の高いメールマーケティングですが、高いパフォーマンスは一夜で実行されるものではありません。マーケティングに関する専門知識とマーケティングオートメーションのようなツールの設定ができるスキルが必要になります。メールマーケティングは簡単に開始できますが、デメリットは間違えた方法で行うと迷惑メールとなり顧客は購読を解除します。

メールの自動化とは何ですか?

予め用意したメールコンテンツを顧客のアクションに基づいて自動送信するものです。オートメーションやステップメール、シナリオメールという言い方をします。また、メールマーケティングでは自動送信するきっかけとなる顧客のアクションをトリガーと言い、引き金となる行動を意味します。例えば、資料請求をトリガーに、予め用意した資料ダウンロード付きのメールコンテンツを自動送信します。自動化することで24時間顧客のタイミングで資料を送付することでき顧客体験の向上につながります。また手動業務を自動化することで時間もタスクも軽減することができます。

メールマーケティングを始めるにはどうすればよいですか?

メールマーケティングを始める簡単な5つのステップをご紹介します。
ステップ1:ツールのセットアップを行います。
ステップ2:メーリングリストをツールに登録します。
ステップ3:配信するメールコンテンツを作成します。
ステップ4:メールキャンペーンをスケジューリングして送信します。
ステップ5:キャンペーンを分析します。到達率、開封率、クリック率、解除率など送信したメールのパフォーマンスを分析します。
1時間ではじめるメールマーケティング初心者ガイドの記事をご参考下さい。こちら>>

メールマーケティングにはどれくらいの費用がかかりますか?

ツールはベンダーによってさまざまなプランがり、通常メーリングリストのボリュームによって料金のバリエーションがあります。ツール自体は無料から使えるものから数十万くらいのものがありますが、メールマーケティングを自社で内製化するか外部にアウトソーシングするかによってまた初期費用が変わってきます。内製化する場合はトレーニング費用と初期のセットアップ費用などで数十万から数百万の初期費用がかかり、外部にアウトソーシングする場合は業務範囲によってさまざまです。自社が取り扱っている商品との相性や現在のマーケティング課題が解決できる機能があるのか、誰が運用するのか、などツール選定に失敗しないようにしましょう。

私たちのメールマーケティング代行サービスをご紹介します。
私たちが提供するメールマーケティング代行サービスは3つのプランが御座います。プランは下記です。
・スターター
25,000円/5時間/月
・スタンダード
47,500円/10時間/月
・プレミアム
90,000円/20時間/月

プランに関して、メールマーケティング戦略についてオンライン相談ができます。予約はこちら>>

メールマーケティングを行う上で法律的な注意点はありますか?

特定電子メール法という迷惑メールを規制するための法律があります。主な注意点として送信の同意を得ていない、送信者の詳細がない、配信解除リンクがない、が違反の対象となります。ニュースレターに登録する、最新情報を受け取る、購読するといったフォームにチェックボックスを設置して同意を得るようにする、メールコンテンツ内に送信者の詳細を記載する、簡単に配信解除ができるリンクを設置するなど、ルールを守った健全なメールマーケティングを行いましょう。

メールを送信するのに最適な時間帯はいつですか?

自社のビジネスがBtoBであるかBtoCであるかによって最適な時間帯は異なります。
BtoCの場合:一般的に起床する時間、交通機関に乗っている時間帯、昼休み中、仕事を終えて帰宅する時間、就寝前の時間
BtoBの場合:午前中のメールを確認する時間帯、受信トレイにメールがあふれる時間を避けた午後の時間帯

クリック率を上げるにはどうすればよいですか?

クリック率を上げるには顧客のニーズに合わせた関連性のあるパーソナライズメッセージにすること、そしてスマートフォンベースのデザインでファーストビューに分かりやすく見やすい位置にCTAボタンを配置します。

メールマーケティングに関するオンライン相談は下記よりご予約下さい。

     

    関連記事一覧

    コメント

    この記事へのコメントはありません。