メールチンプの使い方「よくある質問」

メールチンプのよくある質問


Q:メールチンプを使うメリットは?
A:メールチンプを使うメリットは、まずコスパがいい点です。低価格なのに機能充実してます。次に安心安全という点です。世界中で最もシェアの高いメールマーケティングツールであり、ブランドのある大企業も利用しています。

Q:メールチンプのデメリットは?
A:ダッシュボードの表記が全て英語という点と、日本にサポートセンターがないという点です。

Q:メールチンプで何ができるの?
A:基本的にはマーケティングオートメーション(MAツール)と同じ領域で利用できます。リード獲得から育成、選別といったフェーズ毎に機能します。

Q:メールチンプにはどんな機能があるの?
A:主に、リード登録、セグメント作成、HTMLメールコンテンツ作成、キャンペーン配信、セグメント毎に配信、オートメーション(ステップメール)配信、ランディングページ作成、フォーム作成、分析などの機能があります。

Q:メールチンプの料金は?
A:リード数によってライセンスプランがあって、無料から利用することができます。例)スタンダードプランの場合、500リード数で月額1,750円、2,500リード数で月額5,750円、5,000リード数で月額8,650円 10,000リード数で月額11,500円となります。

Q:どんな業種が対象ですか?
A:特に対象はありません。BtoB、BtoCどちらもメールマーケティングは有効です。

Q:効果はありますか?
A:もちろんあります。ただし、一方的なメルマガ配信だけではなく適切なアプローチが重要です。

Q:何から始めればいいですか?
A:まずはメールアドレスのあるリストを用意してメールチンプにインポートします。リストがどんな状態であるか知るために最初はニュースレターを配信してみると良いでしょう。

Q:開封率は何%あればいいですか?
A:平均は21.33%(2022年メールチンプ発表)です。ちなみにクリック率は2.62%となります。

Q:誰でも使えますか?
A:どの程度使うかによりますが、キャンペーンを配信するという程度でしたら使えると思います。ただ時間はそれぞれになります。コンテンツ作成スキルや、ある程度ダッシュボードに慣れているかどうかという最低限必要なスキルは必要になります。

Q:リード数はどのくらいあればいいですか?
A:メールチンプはスモールビジネスでも利用できる価格になっているので0件からでもランディングページやポップアップを利用してリード獲得から利用可能です。


専門家にアウトソーシングを検討する場合は下記よりご相談下さい。
月額定額(サブスク型)のMailchimp(メールチンプ)活用メールマーケティング運用代行サービスは下記までご相談下さい。
Mailchimpメールチンプ運用代行のご相談はこちら>>

 

関連記事一覧