• HOME
  • ブログ
  • ブログ
  • 2023年メールチンプのカスタマジャーニーを使って商品購入から予約完了まで自動化して、業務効率化する使い方

2023年メールチンプのカスタマジャーニーを使って商品購入から予約完了まで自動化して、業務効率化する使い方

メールチンプのカスタマジャーニーはユーザーの行動に応じて予め用意したメールコンテンツをスケジュール通りに自動で送信する機能です。日本ではステップメールと言われている配信方法で、webサイトからお問い合わせや資料請求があった際に送信するサンキューメール、またはメルマガ登録後のウェルカムメール、その他ナーチャリングなどに活用されます。

メールチンプのカスタマジャーニー概要

メールチンプのカスタマージャーニーは開始点とジャーニーポイントで構成されます。開始点とは、ユーザーがメールを開封した、クリックした、購入した、ライティングページにサインアップしたなど、さまざまなアクションが引き金(トリガー)で開始される出発点を決めるもので、ジャーニーポイントとは、開始点から続くルールで、開封後から1日後に1週間後に、次のメールを送信する、といったようにアクションに応じてシナリオを変更できる分岐点となります。

 

開始点

今回は開始点を特定の商品を購入した場合を開始点と設定します。

ここでは、メールチンプとE-コマースが連携していることを前提としています。E-コマースとメールチンプを連携すると、E-コマースで登録済み商品がメールチンプにも反映するので、開始点を特定の商品を購入にし、特定の商品を選択します。今回の例はツアーの商品で、購入後に予約フォームにお客様の情報を入力して頂く必要があります。

その他の開始点例

タグが追加されました
サインアップ
グループ
リンクをクリックした
メールを開封した
登録日
誕生日
カートを放棄

ジャーニーポイント

開始点を決めたら、次にジャーニーポイントを決め、ルールを設計します。ここではジャーニーポイントをメールの送信にします。
メールチンプのジャーニーポイントはstandardプランで最大100のジャーニーポイントを追加できます。

その他のジャーニーポイント例

If / Else
時間遅延
メールを送る
グループ化/グループ解除

 

件名や配信のタイミング、配信するコンテンツを設定します。

完了!

業務効率化

メールチンプのカスタマージャーニーによって、今までユーザーごとに手動で対応していた反復業務を自動化することができ、時間と業務の軽減と24時間対応できるようになり、申し込みから予約完了までのオペレーションを50%軽減し、業務効率化と生産性向上することができました。

 

関連記事一覧