• HOME
  • ブログ
  • ブログ
  • メールチンプを使用したセグメントの使い方(ターゲティングメールを送信する)

メールチンプを使用したセグメントの使い方(ターゲティングメールを送信する)

メールチンプのセグメントを使用すると、様々な条件で絞ったターゲティングメールを送信することができます。

メールチンプのセグメントを使用したターゲティングメール

ターゲティング例)セグメント作成

条件1:3ヵ月以前にメーリングリストに追加された
条件2:Aの商品を購入した
条件3:Bの商品を購入した
条件4:Cの商品を購入した
条件5:Dの商品を購入した
上記の条件の内どれかを満たした顧客だけをターゲティングします。

セグメント作成のルール

まずはanyとallのどちらかお選びます。anyは上記の内どれか1つでも満たしている場合に追加され、allはすべての条件を満たしたものだけが追加されます。そして条件は最大5つまで設定が可能で、リストに追加された日、メールの開封またはクリック、商品の購入、タグ付け、地域、グループなどさまざまな条件でフィルターをかけてターゲットを細かく絞ることができます。

セグメント配信のメリット

セグメント配信のメリットは、キャンペーンのパフォーマンスが高いことです。よりピンポイントで適切な人に適切なメッセージを届けるのでパーソナライズメッセージであればあるほど開封、クリック、コンバージョン率は向上します。キャンペーン収益の半分以上はセグメント配信から発生しています。(当社データ)

 

関連記事一覧