月額25,000円からのメールマーケティングおまかせパッケージサービス

メールマーケティングにおけるパーソナライゼーションとは

メールマーケティングにおけるパーソナライゼーションとは

メールマーケティングにおけるパーソナライゼーションとは、顧客データに基づいて、よりターゲットを絞ったメールを送信するメールマーケティング戦略です。パーソナライズメッセージは受信者の興味関心、地域、年齢、購入商品、メールの開封、クリック、資料のダウンロードなど顧客の属性や行動に応じて送信するメッセージで非常に高いパフォーマンスを発揮します。

パーソナライズ化の基本

効果的なメールマーケティングはパーソナライズメッセージが重要だということはわかりましたが、何をパーソナライズ化すればいいのか、パーソナライズ化の基本をご紹介します。

コンテンツをパーソナライズ化する

メール本文のコンテンツをパーソナライズして、受信者にとってより関連性の高いものにします。
顧客の名前、会社名、購入商品、地域など顧客管理データに基づいて、その情報を使用してメールキャンペーンのテキストをカスタマイズします。
私たちが活用するマーケティングオートメーションツール「メールチンプ」ではマージタグを使用してコンテンツをパーソナライズ化します。

マージタグを使用することで顧客の名前や会社名、地域、購入商品など顧客データに基づいて差し込むことができます。

件名をパーソナライズ化する

件名は開封率に大きく影響する部分です。件名をパーソナライズ化することで開封率を飛躍的に向上させることができます。件名に受信者の名前を含めたり、地域を限定したキャンペーンの場合、件名に地域名を含めたり、特定の商品を購入した顧客に向けたメッセージであれば商品名を含めます。
メールチンプではマージタグを件名に含めることで顧客データに基づいてさまざまな顧客ベースにカスタマイズされたテキストを差し込むことができます。
顧客の住まい地域を表示させる場合、件名に*|ADDRESS|*を含めることで顧客データに基づいて受信者の地域を表示します。

地域を限定したメッセージ(例)【東京発】〇〇〇ツアーのご案内!
受信者の名前を差し込む件名(例)【〇〇様にお知らせ】
顧客が購入した商品やサービスを件名に差し込む(例)【〇〇のお申し込みありがとうございます。】

送信のタイミングをパーソナライズ化する

マーケティングオートメーションツールのオートメーションを使用して、顧客のアクションに応じて予め用意したメールをベストなタイミング送信します。メルマガ登録後すぐに送信するウェルカムメールであったり、資料請求の申し込み後の資料送付のメールを自動化します。またはメールを開封した顧客だけに次のステップ2のメールを48時間後に送信するなど顧客の行動に合わせた送信タイミングをパーソナライズ化します。

メールチンプでは上記の画像のように顧客の行動に合わせて自動メールを設定することができます。

まとめ

メールマーケティングのパーソナライズ化は、ターゲットを絞った関連性の高いコンテンツを既存顧客や見込み客に配信し、受信者の顧客体験に価値を加えることができる方法です。パーソナライズ化されたメッセージは非常に高いパフォーマンスを発揮し、メールマーケティング活動のROIと収益の向上を促進します。

メールマーケティングを始める準備はできましたか?
まだ迷っている場合、メールマーケティング専門家チームに相談するこで自社のビジネスに合ったメールマーケティング戦略を発見できます。

zoomによるオンライン相談は下記よりご予約下さい。

     

    関連記事一覧

    コメント

    この記事へのコメントはありません。